スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Disc4

  
  CD-BOXが届いた。
  高級チョコレートのようなパッケージだと聞いていたが、
  ほんとにその通りだった。
  このパッケージを見ながら、
  これはセンスがいいとか悪いとかの問題ではなく、
  わたしがエレファントカシマシに対して持っているイメージと
  制作側がエレファントカシマシに対して持っているイメージとが、
  根本的に違うのだ、と気づいた。
  となると、これはどうしようもないことだ。
  いやいや、このパッケージが嫌いだと言ってるのではない。
  いいか悪いか、そんなこと以前の話しなのである。

  さっそくDisc4を聞いてみた。
  4から聞くなんて中途半端な話しだが、
  このディスクには、
  2007年の両野音の音源が記録されている。
  このふたつの野音は、わたしにとって、
  大きな意味ある野音であった。
  くわしいことは、過去のライブレポートでも読んでいただくとして
  一言で言えば、
  どんなことがあっても
  わたしはエレファントカシマシについていく、と
  改めて決心出来た野音だったのだ。
  それまでは、決心などいらなかった。
  ただ、ひたすら、
  宮本さんの、命からがらの歌を聞いていれば
  それが全部だった。
  エレファンとカシマシに
  なにひとつ疑問は抱かなかった。
  そして、そんな日々が続いて行くと思っていた。
  ところが、移籍とともに状況は変わった。
  命からがら、自分を歌っていた歌は、
  みんなを励ます応援ソングへと変貌していった。
  わたしが戸惑っているうちに
  ひとり、またひとりと、
  かつて一緒に歌を聞いていた友人が、
  エレファントカシマシを去って行った。
  去って行く友人たちの気持ちも
  ほんとによくわかる。
  でも、わたしは去ることさえ出来ない。
  どうしたらいいんだろう。
  そのとまどいの最高潮は、
  2007年の新春ライブであった。
  新春ライブで感じた大きな不安を抱きながらの野音。
  宮本さんは、ほんとにうれしそうに
  輝くメロディを歌った。
  その姿を見て、わたしの心も弾んだ。
  この人がこんなにしあわせなら
  それでいいんだ、と。
  いろいろ形が変わったって
  エレファントカシマシのしあわせは、
  なにひとつ変わらない。
  わたしは、それを見つめていけばいいんだとわかった。
  そこから今に至るまで、
  そして、これから先も、
  もう揺れることはない。
  いつまでもどこまでも 見つめ続けて行くんだ。
  そんな決心をしたライブだった。
  
スポンサーサイト
2013-04-26 : 徒然なるまま :
« next  ホーム  prev »

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。