スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

優しい川

  
  土日で、奈良に一泊旅行に行った。
  保育所時代の同期の友人たちで
  かれこれ30年からの付き合いである。
  文字通り、青春を分け合って生きてきた。
  その友人たちと年に一回、
  一泊のおしゃべり会を続けている。
  この2日間も、食べて、しゃべって、笑って、
  ほんとにくたくたになったのだが、
  帰り、わたしは友人たちと別れて
  京都で行われる花団のセミファイナルライブに行く予定にしていた。
  正直なところ、もうすっかり疲れ果てていて
  電車の座席から転げ落ちそうなくらいに熟睡してしまった。
  京都についてからも、
  疲れは残ったままだったので
  ライブが始まるまでの間、
  カラオケボックスで寝ようと思ったのだが、
  あいにく満室。
  しかたなく、四条大橋から鴨川の川原におりて
  等間隔で座っているカップルの間に
  おずおずと座り込み、
  靴を脱いで休憩することにした。
  ちょうど夕日が沈んでいくころ。
  ちょっとひんやりとした川風が
  とても気持ちいい。
  わたしは、川の流れる音がだいすきで
  その音を聞きながら
  水の流れを見つめているのは
  ほんとうに心が休まる思いがした。
  心が癒され、身体もだんだん元気をとりもどしてくると
  なんだか急に涙があふれてきた。
  いろんなことが、その中に溶けて流れていくような気がした。
  娘のこと、仕事のこと、自分のこと。
  そして、エレファントカシマシのこと。
  「早くまたライブに行きたいなあ。」 と
  一人つぶやくと
  もうこらえきれなくなって
  涙が次々にあふれてきた。
  いやね、こうなることがわかってるから、
  日頃は、この言葉、
  なるべく言わんように、考えんようにしてるんやけどね、
  まあ、いいか、
  今日は、
  だいすきな京都の、だいすききな鴨川の、
  だいすきな川原やねんから。
  そう思って、川の流れを見ながら
  涙のながれるままにまかせることにした。
  そうしているうちに待ち合わせの時間。
  もう、すっかり元気になっていた。
  そして、花団のライブもたっぷり楽しんだ。
  さあ、あしたからまたがんばろう。
  愛する人に捧げよう。
  
スポンサーサイト
2013-04-14 : 徒然なるまま :
« next  ホーム  prev »

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。