スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

軍艦島

  
  19日は、この旅のメイン、軍艦島クルーズ。
  わたしは、実際に軍艦島に行くまで
  なにか、こう、おどろおどろしい、
  怨念のこもったような場所のように思っていた。
  だから、写真なんかよう撮らんやろな、と思っていた。
  ところが、足を踏み入れてみると、
  人の息吹というか、
  なにか、すごく人間らしいぬくもりのようなものを感じて
  とても懐かしい場所のように思えた。
  その思いに包まれて
  わたしは何度も何度もシャッターを切っていた。
  もちろん、この島は、
  過酷な労働や、事故や、強制労働や、
  暗い側面も深く刻まれているところだと思う。
  しかし、働いていた人たちは、
  自分たちが、日本の繁栄を支えている、未来を作っているという、
  大きな希望を持っていたと思うのだ。
  これから世の中は、どんどんよくなっていくんだ。
  そういう思いに満ち溢れていた時代だった。
  わたしが、この島に懐かしさを感じたのは、
  自分がそういった時代に過ごした
  こどもの頃のにおいを思い出したからだと思う。
  船が島から離れて行くとき、
  わたしは、見えなくなるまでずっと島を見つめていた。
  懐かしいこども時代が遠ざかっていくような気がした。
  この島は、ただの廃墟ではない。
  あの頃の、日本人の思い出をぎゅっと抱いて
  海に浮かんでいる。
  希望の残照の島なのだ。
  
スポンサーサイト
2013-01-19 : 徒然なるまま :
« next  ホーム  prev »

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。