スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ベストアルバムを聞いた

  
   ベストアルバム、発売日に届いたものの、
   封を開けることもなく、
   机の上に置いてあった。
   DVDも見られなければ、CDも聞いていなかった。
   DVDとちがって、CDの方は、
   あわてて聞く必要性も感じなかったし、
   これを聞くんだったら、
   別のアルバム聞くよなあ、と思っていた。
   しかし、昨夜寝る前、
   どういうわけだか、
   ものすごく眠たいのに眠れなくて、
   きっとこれは、いわゆる疲れ過ぎってやつか、とか思っていた。
   年を取ると体力を使い過ぎると眠れなくなることもあったりする。
   情けない話しだが。
   で、ふと思いついて ベストアルバムを聞いてみようと思った。
   お正月一番に聞くっていうのもいいな、とも思った。
   ちょっと不安はあったのだが。
   果たして、不安は的中。
   「さあ、がんばろうぜ」 という声が聞こえてきたとたん、
   体力を失っている心は、
   あっけないくらいに反応をし、
   なにが起こったんや、というくらいに
   布団の中で文字とおりの号泣となった。
   またこれが、
   今回のことだけでなく、
   それぞれの曲を始めて聞いた時のことが思い出されて
   その時の気持ち、一緒にいた人、自分の状況、まわりの景色、
   そんなものが一挙に頭に浮かんできて
   自分の歴史もたどっているかのようで
   胸がいっぱいになった。
   エレファントカシマシを聞いてきた14年間からみると
   ユニバーサルに移籍してからの5年は、
   短い期間ではあるものの、
   自分の中に起こった出来事は、結構大きかったと思う。
   また、エレファントカシマシにしても、
   再び武道館でのコンサートがあったり、
   大阪城野音があったり、
   カウントダウンがあったり、
   夜明けに歌ったり、
   びっくり驚くようなことがいっぱいあったから、
   とても濃い期間であった。
   だからそれだけ思い出も多いことになる。
   「なんや、このベストアルバム」 とか、
   正直なところ思っていたけど
   聞いてみて、
   自分にとってどんなに大切な歌たちだったがよくわかった。
   それは、どんな形で、どんな形態だったとしても、
   宮本さんが歌に込める思いの深さは
   いつもいつの時でも なにひとつ変わらなかったからなのだろう。
   そんなことを思いながら、
   知らないうちにわたしは、眠りに落ちていた。
   こうやって、何度もエレファントカシマシに助けられるんだ。
   眠りに入っていきながら 思った。
   アルバムレビューを書きたい、と。
   今夜、もう一度眠る前に聞いてみたいと思う。
          
スポンサーサイト
2013-01-02 : 徒然なるまま :
« next  ホーム  prev »

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。