スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

しまかぜ&トワイライトエクスプレス車両で行く伊勢神宮と出雲大社その④


 出雲市駅からバスに乗って 出雲大社に向かいました。
 その途中に見える、この竹野屋という料理旅館は、
 竹内まりあさんの御実家だそうです。
 立派な旅館でした。
 竹野屋




 バスは、古代意地も歴史博物館へ。
 「どきっ」 っていうキャッチコピーがおもしろくて撮りました。

博物館 どき




 博物館では、DVDを見ながら、 
 出雲の歴史のお話を聞きました。

 出雲大社は、昔の書には、
 高さ48mのところに本殿が本殿が建てられていたそうです。
 そんな建築は、とても不可能だと思われていたのですが、
 3本の柱をひとまとめにして1本の柱にしたという、
 宇頭柱が発掘されて、
 もしかしたら、その空中本殿は
 本当にあったのかもしれないということになってきているそうです。

 その発掘された宇頭柱が、これです。

宇頭柱




 その本殿を、10分の1の模型で表したのがこれです。

 すごいですよね。
 これって復元でけへんのかな。
 もし復元出来たら、
 ものすごい人気になるでしょうね。

 それにしても、
 こんな建物が古代に建てられたかもしれないなんて
 もう驚きです。

 さっきの宇頭柱は、
 本殿を支えている柱です。
 3本をまとめて1本んにした柱、9本で支えられています。

出雲大社模型




 これは、いましめの木です。
 博物館に展示してありました。
 右が、栄えている人の木、
 左が、なまけものの木。

いましめ1





 こんなふうに書いてあるそです。
 これは、心にとめておかねば。

いましめ2




 出雲には、有名な加茂遺跡があります。
 加茂遺跡で発掘された、国宝の銅鐸。
  
銅鐸




 銅鐸の模様UP。

銅鐸UP




 卑弥呼が、贈られたのと同じ鏡。
 邪馬台国出雲説、っていうのも
 聴いたことがあります。

鏡





 土偶。
 1000年もの昔から語りかけてくれます。

土偶




 いなさの浜。
 御存知とは思いますが、
 10月は、日本中の神さまが、出雲に集まり、
 これから一年の人々の縁について相談されます。
 だから、出雲では、10月を 「神有月」 っていうんですよね。
 で、この浜は、
 日本中の神さまが出雲に来られる時に、
 上陸される浜だそうです。

いなさの浜




 出雲大社です。
 これは、神楽殿。
 日頃は、ここでお祓いなどを受けるのだそうですが、
 この日は、結婚式が行われていましたので、
 わたしたちは、別の御殿でお祓いをしていただきました。

 神楽殿のしめ縄は、日本一大きいしめ縄です。

神楽殿





 お祓いのあとは、本殿へお参り。
 本殿前の八足門です。
 素晴らしい彫刻がほどこされていました。

 わたしたちは、特別に、
 この門の中まで入らせてもらいました

八足門





 これが、本殿です。
 八足門の中では、写真は撮れませんが、
 横の塀腰には、撮影が許可されています。
 遷宮で、屋根が新しくなっています。

本殿




 おみくじや、絵馬がいっぱいでした。

おみくじの木





 この後、出雲市駅へ戻り、
 そこから、特急「やくも」で、岡山へ。
 岡山からは、新幹線で大阪へ帰って来ました。

 しまかぜに乗れたし、
 トワイライトエクスプレスにも乗れたし、
 ありがたいふたつのお宮にもお参り出来て、
 ほんとに楽しい旅でした。

 でも、わたしにとって、
 なによりもうれしかったのは、
 娘とゆっくり旅行の出来たことです。
 
 たいせつな大切な思い出になりました。









    
スポンサーサイト
2013-11-15 : 徒然なるまま :

更新しました

  何をいまさら、ですが、
  大阪城野音二日目のレポをUPしました。
  
  大阪城野音二日目














    
2013-11-09 : ライブレポート :
ホーム

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。