スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

しまかぜとトワイライトエクスプレス車両で行く伊勢神宮と出雲大社 その③

  夜が明けました。
  わたしたちの個室の扉に朝日が射しています。
  
  扉





  朝食は、レストランカー「ダイナープレアデス」で。
  豪華。うれしい。
  食堂車1

  食堂車2






  お食事は、とてもおいしかったです。
  これは前菜とオレンジ酢のモーニングジュース。
  オレンジ酢には、果物がたくさん入っていました。  
  モーニング1





  生姜、ローズマリー、丁子などの入ったお粥と
  丹波卵の半熟。
  お粥、すごくおいしかったです。
  モーニング2





  プレート。
  お豆が暖かくて おいしかったです。
  モーニング3






  食事の間、この駅に停車していました。
  「根雨」って、おもしろい駅名だなと思って撮りました。  
  根雨





  これが、根雨駅の駅舎です。
 駅舎






  食事を終えて、部屋に帰ると、
  江尾駅に停まりました。
  これも、おもしろい駅名なので撮りました。

  ちなみに停車はしますが、
  扉は開かないので外へ出ることはできません。
  江尾駅






  江尾駅舎。
  山小屋風ですね。   
  駅舎





  江尾駅付近の車窓。
  素敵な建物の多いところですね。  
  車窓





  
  大山です。
  お天気は、いまひとつですが、
  かえって雲から射す朝日が神秘的。 
  大山






  宍道湖近くの宍道駅。
  写っているホームは、もう線路が取り外された廃線でした。

  さ、出雲市駅までももう少し。
  宍道






  トワイライトエクスプレス、出雲市駅到着です。
  この気動車が、昨夜、京都で接続された車両です。

  16時間のトワイライトエクスプレスの旅は、
  ここで終了。
  あこがれのトワイライトエクスプレス車両に乗れて
  ほんとにうれしかったです。
  最高の列車の旅でした。
  今度は、この列車に乗って、北海道まで行きたいです。

  トワイライトエクスプレス、
  ほんとにありがとう。
  ほんとにほんとにありがとう。
  出雲到着






  出雲市駅。
  立派な駅舎。
  駅





 出雲のゆるキャラ、雲太くんと出雲ちゃん。
  ゆるきゃら1






  もひとつゆるキャラちゃん。
  名前がわかりませんでした。

  地元の方々が、たくさんでお出迎えしてくれました。

  ゆるきゃら2






  駅前で、お神楽の披露。
  出雲のお神楽は、とても有名だそうですが、
  地元の方でもなかなか見る機会がないそうです。
  これは、そのお神楽の中でも 一番のクライマックス、
  スサノオノミコトが ヤマタノオロチを退治したところです。
  お神楽



  この後、バスに乗って古代博物館に向かいました。


  (続きます)
















    
スポンサーサイト
2013-10-17 : 雑記 :

大阪城野音

  
  10月13日、14日、
  素晴らしいコンサートでした。
  復活が より強く確信されました。
  今日、コンサートのことを思い出しながら
  いろいろとメモを取ってみました。
  たくさんの思いが、あふれてきました。
  ゆっくりと思い出しながら、
  レポートが書けたらいいなと思います。















     
  
2013-10-15 : 徒然なるまま :

しまかぜとトワイライトエクスプレス車両で行く伊勢神宮と出雲大社 その②

  JRの京都駅ホームでは、
  この企画ツアーのセレモニーが行われました。
  はなてらすちゃんも参加。
  島根のゆるキャラ、しまねっこちゃんもいたのですが、
  この時はどっかにいってました。
  セレモニー

  


  いよいよ、トワイライトエクスプレスの入線です。
  ホームにいる人はみんなカメラで撮っていました。
  わたしもがんばって撮ったのですが、
  こんな感じかな。
  
  TW入線




  サロンカーのロゴです。  
  サロンカーの文字




  うわ~!! うれしい!!
  TWの文字




  B個室車両の入口。
  今夜は、B個室ツインで過ごします。

  B個室入口




  入口のマット。
  マット





  これが、B個室ツインの室内です。
  向かい合わせにソファーがあります。
  このソファーが、ベッドになります
  室内1




  大きな窓。
  室内2





  もう一つのベッドは、ここ。
  ボタンを押すと、電動で降りてきます。
  わたしは、こっちで眠りました。
  上にも窓があるので
  とても眺めがよかったです。
  室内3





  夕食は、日本海御膳。
  フランス料理の方々は、
  食堂車「ダイナープレアデス」でのお食事でしたが、
  わたしたちは、お部屋でのんびり食べたかったので
  この御膳をお部屋でいただきました。
  
  ご飯が、生姜ご飯だったんですが、
  とてもおいしかったです。
  夕食





  食事の後は、ゆっくりくつろいで
  予約したシャワーの時間待ちです。

  なお、この列車は特別編成なので、
  京都を出たあと、東海道線を走って、
  敦賀駅からは、進行方向を変え、湖西線を走り、
  琵琶湖を1周して京都に戻り、
  そこから、東海道線、伯備線、山陰線と走って
  出雲へ向かいます。

  
  そんなわけで、敦賀駅では、気動車の切り離しがありました。
  21:00頃だったのですが、
  この時は、列車の外に出ることが出来たので
  ホームに降りて写真を撮りました。

  これは、切り離す前です。
  敦賀駅切り離し




  切り離された気動車。
  敦賀駅切り離し2




  切り離し終了です。
  切り離し終了




  今までいちばん後ろだった車両ですが、
  これからは、こちらが進行方向で走ることになります。
  テールマーク




  マークが輝いていました。
  マーク


  この後は、シャワーをあびてさっぱりして、
  お部屋で娘と ナイトキャップ。
  家から持ってきたみかん酒にポテトチップス。
  早起きでたっぷり楽しんだ疲れが眠気に変わり、
  娘は、すぐに眠ってしまいました。

  わたしは、再び京都駅に着くのが見たくて
  がんばって起きていたのですが、
  睡魔に勝てず、うとうと。

  ふと気づくと、ちょうど京都駅に停車しているところでした。
  時間としては、深夜頃だと思うのですが、
  窓から見えるホームには、
  カメラを持った人たちが、たくさん。

  (列車の扉は開かなかったので
   わたしたち乗客は降りられませんでした)

  こんな遅くに熱心やなあ、と思っていたところ、
  後で知ったのですが、
  この京都駅で 気動車が付け替えられたのだそうです。
  気動車のことはよくわからないんですけど、
  EF8144という気動車から、
  DD51への付け替えが行われました。

  それは見たかったなあ。
  乗ってるもんが見られなかったなんて
  ちょっと残念。

  でも、深夜だし、
  車内をばたばた歩かれるのも困りものだったんでしょうね。


  で、わたしは、京都駅の通過を見届けて
  心置きなく 眠りにつきました。



  (続きます)
















  

2013-10-12 : 雑記 :

しまかぜとトワイライトエクスプレス車両で行く伊勢神宮と出雲大社

  10/9~10で、近鉄、JR西日本、日本旅行の合同企画、
  「しまかぜとトワイライトエクスプレス車両で行く伊勢神宮と出雲大社参拝ツアー」
  と、言う企画ツアーに行って来ました。

  トワイライトエクスプレスは、
  言わずとしれた 大阪-札幌を結ぶ豪華寝台列車、
  しまかぜは、
  この春から運行している、近鉄の豪華特急です。

  どちらも、なかなか予約がとれない列車なので
  この企画を見つけた時は、絶対に乗りたい! と思いました。
  運よく切符が取れた時には もう天にも昇る気分。
  ずっと楽しみにしてきました。


  さて、当日。
  近鉄の大阪上本町駅に集合してホームに向かうと
  しまかぜは 入って来ました。
  かっこいい!

  上本町

 

 車内への扉です。

入口



  これが車内。
  プレミアムシートで、3列になっています。
  めちゃめちゃゆったり。
  カーテンも電動で、
  なんと驚くなかれ、シートはマッサージャー付きでした。

車内1


車内2


  個室や、グループで利用出来るサロンカーもありました。



  これは、カフェ車。
  軽食や喫茶に利用出来ます。

サロンカー




 
  わたしは、ジュースを飲みました。

ジュース



  あっという間の2時間で、宇治山田駅に到着。
  ものすごく立派な駅です。

宇治山田駅

  

  かっこいい。

近鉄




  入口も豪華。

入口




  レリーフ。

レリーフ




  構内のライトと八角形の窓も素敵です。

構内




  伊勢神宮は、今年が御遷宮の年で、
  10/2に内宮、10/5に外宮の遷御が行われました。
  なので、これからお参りするのは、新しいお宮です。
 
遷宮の文字




  駅から外宮へは、なんと、タクシーが用意されていました。
  渋滞があってもスムーズに行動できるようにと
  配慮されていたそうです。

  伊勢なでしこ、というガイドさんたちの説明を聞きながら
  まずは外宮参拝。

  これが新しいお宮です。
  古いお宮は、すでに取り壊しが始まっていました。

  外宮には、内宮にお祭されている天照大神のお食事を司る、
  豊受大神がお祭されています。
  衣食住の神さまだそうです。
  
外宮

  


  この後、内宮へお参りする前に、昼食を取りました。
  昼食会場に現れたゆるキャラ、はなてらすちゃん。

はなてらすちゃん




  伊勢なでしこの方々の伊勢音頭の披露もありました。
  これは、扇を使ったおめでたい時の踊りだそうです。

踊り



  参宮記念の木札もいただきました。
  この木札を首にかけて伊勢の町を歩くと、
  ちょっとしたお得なおもてなしを受けられるそうです。
  今回は、時間がありませんでしたが、
  次に行く時はきっと忘れずに 首に掛けていくことにします。

木札1

木札2


  




  さて、いよいよ、内宮へ。
  一の鳥居前の派出所です。

派出所




 

  内宮です。
  ここから先は、撮影禁止なのですが、
  拝所から向こうにかすかに見えるお宮の屋根が
  とても清々しく感じました。

内宮




  内宮には、まだまだたくさんのお宮があって
  とてもまわりきれないほどです。
  お宮の前には、黒い石と白い石が敷き詰められていました。
  白い石は、道をかたどっているように見えました。
  この石は、お白石といって
  宮川という川から地元の方々が拾い集めてくるのだそうです。

白い石




  いろんな神さまをお参りして
  再び宇治山田駅に戻りました。

  わたしは、どちらかというと
  お寺にお参りに行くことが多いのですが、
  こうして伊勢神宮にお参りさせていただくと、
  神社というのは、パワーを授けていただけるところだなと感じました。
  清々しい気持ちになって 力をつけていただけるように思います。
  お寺は、心を静かにしていただく癒しの場所のようですね。
  生きて行く上で、
  どちらも大切なことではないかと思います。



  さて、さっき乗ってきたしまかぜに
  もう一度乗りこみます。
  電車が待っててくれるんですよ。
  最高の気分やね。
  そして今度は、トワイライトエクスプレスに乗るために
  京都駅へと向かいます。

  しまかぜは、普段は、大阪の難波と伊勢を結ぶ特急なので、
  京都へ向かうことはありません。
  今回は、特別に、
  大和八木から いつもは走らない橿原線へ乗り入れます。
  橿原線に入ったところで
  展望席へ行って運転席と車窓を撮りました。

  めちゃ素敵。

運転席




  桃山御陵あたりで、陽が沈みました

夕陽




  しまかぜ、京都到着。
  いつもは、しまかぜが停まることのない近鉄京都駅のホームには、
  ものすごい数の撮り鉄さんたちが待っていました。

京都到着


  さて、これから、JRのホームに移動して、
  いよいよ、トワイライトエクスプレスに乗車します。



  (続きます)

















   
2013-10-11 : 雑記 :
ホーム

掛け軸

blopa!マンション

経県MAP

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。